漢方薬の処方「神経痛」

「神経痛」とひとくちに言っても、その原因や症状、また痛みが起こる部位はさまざまです。


神経痛は、神経の圧迫や炎症、虚血によって生じるといわれますが、糖尿病や癌、椎間板ヘルニアといったほかの病気が原因で起こるものもありますので、専門の医師の診断を受けてから西洋医学で治療するのか、あるいは漢方医学で、漢方薬を用いて治療するのかを決定する必要があります。

神経痛全般に効く漢方薬としては、「桂枝茯苓丸(ケイシブリョウガン)」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)」、「麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)」、「芍薬甘草附子湯(シャクヤクカンゾウブシトウ)」などが用いられます。


【桂枝茯苓丸(ケイシブリョウガン)】

体力は標準で下腹が硬く張っており、血が滞っている(お血)場合に、用いられます。


【当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)】

手足に冷えがある場合に用います。


【麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)】

全身の倦怠感が強い陰証の人に処方します。


【芍薬甘草附子湯(シャクヤクカンゾウブシトウ)】

筋肉の引きつり感を伴う発作性の痛みに効果があります。


また、「五苓散(ゴレイサン」は、三叉神経痛に対して用いられる薬ですが、口が渇く、尿の量や回数が少ないといったいわゆる水分代謝の異常(水毒)に対して効果が期待されるもので、三叉神経痛の場合、必ずしもこのような症状が出るとは限りません。


三叉神経痛には、漢方薬の効果はあまり期待しないほうが無難かもしれません。


漢方薬は万能ではありませんし、西洋医学のほうが効果が期待できる場合などもあります。

     スポンサードリンク
   







▲[漢方薬の処方「神経痛」]上にもどる
Copyright © 2006 漢方薬の効能ガイド【はじめての漢方生活】. All rights reserved