漢方薬の処方「生理痛」

生理痛の悩みは、痛みだけでなく、イライラ、吐き気、お腹の膨満感などを伴うことも多く、鎮痛剤では症状が充分にとりきれません。

漢方は、生理痛を引き起こしている原因を探して治療します。


血液循環不良タイプの生理痛には『桂枝茯苓丸』


子宮に栄養が行かなくなる原因のひとつが“血液の循環が悪い”ために起こる生理痛があります。

栄養物質は充分に持っていても、栄養物質の流れが阻害されて子宮までスムーズに行き渡りません。

原因としては血液の流れを停滞させるストレスや冷えなどが考えられますが、このタイプの生理痛は生理の前から痛みが始まることが特徴で、キュッと刺すような強い痛みがあります。

また、顔色や唇の色が暗紫色であること、冷えのぼせがある、アザやシミができやすい、などの症状も。

治療には体内の血液の流れを改善する『桂枝茯苓丸』が効果的と思われます。


栄養不足タイプは『当帰芍薬散』


生理痛を引き起こすもうひとつの原因として“栄養不足”タイプもあります。

体内の栄養物質そのものが不足しているために、子宮への供給も不足してしまいます。

もともと虚弱体質だったり、慢性病で体力が弱っている時などに起こりやすくなります。

このタイプは生理の後半に痛むことが特徴で、シクシク痛みます。

また、顔色が青白い、貧血気味、冷え症なども。

治療には栄養物質を増やす『当帰芍薬散』が適しています。


生理痛が、“血液循環不良”か“栄養不足”か迷った時は、痛みの強弱や痛い時期をポイントに漢方薬を選んでみましょう。

     スポンサードリンク
   







▲[漢方薬の処方「生理痛」]上にもどる
Copyright © 2006 漢方薬の効能ガイド【はじめての漢方生活】. All rights reserved